SCORING POSITION

ARTIST

加藤みちあき

Michiaki Kato

加藤みちあき

1989年におおたか静流とのユニット“dido”を結成し、89年ポリスターより「Pajina」(サックス奏者Wayne Shorterが参加)を、94年キングレコードより「KSANA」をリリース。「KSANA」はイギリスを除くヨーロッパでインディーレーベルBlue Frame Recordより、オーストラリアではメジャーでリリースされた。

その後アーティストの楽曲アレンジ、プロデュース、CM音楽の作編曲、劇伴、映画音楽の作編曲等を行うようになる。特にCMではJR東海、ユニクロ、日本モーターボート協会、トヨタ自動車等今までに2000曲以上作曲した。

編曲では近年では二胡奏者チェンミン、馬頭琴奏者イラナ、三味線奏者の上妻宏光等アジアの楽器奏者の物も多い。

その他では、2006年4月にカザフスタンジャズフェスティバルにおおたか静流と招聘され出演。

2008年1月にはBobby Coldwellの「Saturday In The Park」(三菱地所CM)のレコーディングをアメリカ、ニュージャージーで行った。

2016年には西川美和監督作品「永い言い訳」2019年には劇場版「ダーウィンが来た」の音楽も担当し、2019年2月に行われたアニメ「スタミュ」のオーケストラコンサート(中田延亮指揮、新日本フィルハーモニー交響楽団演奏)の音楽監督もつとめた。

音響系からフルオーケストラまで幅広く活動中。

自己のバンドTrio Inverno(加藤みちあきgtr 江藤直子pf 笠原あやのcello)で都内ライブハウスにも出演中。

CM 音楽制作